“某町”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なにがしまち50.0%
ぼうちやう16.7%
ぼうまち16.7%
あるまち16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その向こうには、某町から某町に通ずる県道の舟橋がかゝつてゐて、駄馬や荷車の通る処に、橋の板の鳴る音が静かな午前の空気に轟いて聞えた。
(新字旧仮名) / 田山花袋(著)
列車給仕少年は——ひにく——東區某町矢太さんの高等御下宿へあてた言句ながら
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
もなく自分志村中學校ることゝなり、故郷村落れて、中央なる某町寄留することゝなつた。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
下廻田舎を歩いていた時、某町で楽屋遊びに来る十七八のな女を見つけた。それは髪結をしている唖女であった。
唖娘 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)