“某甲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なにがし80.0%
ぼうこう20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
学師、孫景夏先生の言に、その邑のうちの某甲なにがしなるもの、流寇の乱に値ひて殺され、首は墜ちて胸前にかゝりぬ。
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
兩臂をり落し、兩脚を斷り去つても、生命の存する以上、某甲なにがしの心は缺くる無く存して居るやうである。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
けれども一轉語を下して見ようならば、『自己ならずして抑〻誰が某甲なにがしを新にせんや』で有る。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
髮の如きは某甲なにがし既に死して後猶其の生長を續けるのである。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
話を仕て呉れた人の友達に某甲なにがしといふ男があつた。
観画談 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
ただし、当局はその真相を疑い、目下犯人厳探中の由なれども、諸城しょじょう某甲ぼうこうが首の落ちたる事は、載せて聊斎志異りょうさいしいにもあれば、がい何小二の如きも、その事なしとは云うべからざるか。
首が落ちた話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)