“某々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼうぼう33.3%
それそれ16.7%
たれたれ16.7%
なになに16.7%
ぼう/\16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『日本紀』の崇神垂仁の御朝の記事などに、韓人に命じて某々の池を築かしめられたことが見える。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
醜声外聞の評判却て名誉ソコで時奥平藩の家老が態々私を呼びによこして、云うよう、足下は近来某々の家などに毎度出入して、例のく夜分晩くまで酒を飲で居るとの風聞、某家には娘もあり
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
またたまたまれの非を自覚しても、すぐにはまだ某々ほどに堕落せぬとか、あるいはの場合は特別であると(justify)せんとしたがる。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
夫の人が某々君も君を尊敬しているんだよと云う調子で
女性の生活態度 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
一個秘密がある、秘密と、腹心の三十七水兵と、帝國海軍部内某々有司には、つていのです、また、して、すまじき秘密ですが