“扨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さて73.3%
26.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或る名士の若夫人が入院して初子を生んだ。安産で、男子で、経過も良かったが、お乳を飲ませる段になると、若夫人が拒絶した。
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
拜借仕つり度是迄推參候といふに強慾無道の天忠和尚滿面み夫は重疊の事なりは如何にと尋ぬるに大膳はめ聲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
アツシリヤでも早くから犬を珍重して今の「マスチツフ」だの「グレイハウンド」だのといふ奴がたさうだが、んな事はておき
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
ちょうど生きた人魂だね。て門を這入ってみると北風枯梢悲断して寒庭ち、柱傾き瓦落ちて流熒むという、散々な有様だ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)