“扨”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さて72.1%
27.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“扨”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸38.7%
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ7.5%
歴史 > 伝記 > 個人伝記4.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さてこそ彌々いよ/\學士がくし外妾かこいか、よしや令孃れいぢようぶればとておさとはいづれれたもの
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さて雑誌を出すについては、前々ぜん/\から編輯へんしうはう山田やまだわたしとが引受ひきうけて
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
篠田はつて聖書を読み、祈祷きたうを捧げ、今宵こよひの珍客なる少年少女にむかつて勧話の口を開けり、
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
と独りで承知して帰りました。てお話は二つになりまして、川崎の本藤にては山三郎半治小かね馬作の四人が一つの座敷で、