“ぼうぼう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
茫々60.0%
蓬々33.5%
茫茫1.9%
某々1.3%
某某0.6%
丰々0.6%
懵々0.6%
莽々0.6%
蓬蓬0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家に伝わる家祖のそんな遺言があるのを知ったのは、当時、兄弟ともまだ二十歳がらみのころだった。茫々、三十年ぢかい前だった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私たちは月見草などの蓬々と浜風に吹かれている砂丘から砂丘を越えて、帰路についた。六甲の山が、青く目の前にえていた。
蒼白い月 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
わなになっている縄のが野馬の首にかかると力を込めて地上に引き倒し、の馬を棄ててそれに飛び乗り、茫茫たる曠原の上を疾走して馬の野性を乗り減らした。
仙術修業 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ようやく本業の学問にも興味を持ち、金井博士の教授振りが大いに気にいって学校へ出るのもおもしろくなった。その間には歌もたくさんできて、某々雑誌へげたうちには恋の歌が多い。
廃める (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
其れが為め翁と政府との間に紛紜が起つて居るのを某某の名士等が調停につたと云ふ新聞記事が十日り前に出た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
馬車を四馬路に返して杏花楼上海一の支那料理の饗応を受けたが、五十からの珍味は余りにきに過ぎて太半以上を通らず、健啖家某某二君も避易の様子であつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
支那西域の庫魯克格の淡水湖に限って住んでいる、丰々という毒ある魚の小骨の粉末を香に焚いてそれで人間を麻痺させるなんて実際あなたはお怜悧でした。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
曰く、『昼もまた知らざるところありや』と。先生曰く、『よく昼の懵々としてき、蠢々として食するを知るのみ。行いて著しからず、習いてかならず、終日昏々として、ただこれ夢の昼なり。 ...
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
また時には、狸の子供が五六匹、穴の入口で角力などとつて戯れてゐるのを見たことがある。晩秋になると、雑木林の方から枯草莽々たる私の広い屋敷へ、狸が毎夜遊びにきた。
たぬき汁 (新字旧仮名) / 佐藤垢石(著)
右の眼は初月のような半眼、それに蓬蓬の髪の毛、口は五臓六腑が破れ出た血にわして赤い絵具を塗り、その上処どころ濃鼠の布で膏薬張をしてあった。
お化の面 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)