廃めるやめる
「や、矢野君だな、君、きょう来たのか、あそうか僕の手紙とどいて。」 主人はなつかしげに無造作にこういって玄関の上がりはなに立った。近眼の、すこぶる度の強そうな眼鏡で格子の外をのぞくように、君、はいらんかという。 矢野は細面手の色黒い顔に、こ …
作品に特徴的な語句
しょ そうろ 人車じんりき 一括ひとくくり がく おも きた おお 状態じょうたい たぎ そうら 端近はしじか がら 昨日さくじつ ぶん とら 燈火ともしび 焦慮しょうりょ 無之これなき なま 登校とうこう 相成あいな よう 時々ときどき あか 肺病はいびょう おのずか 自己じこ くさ 臭気しゅうき じょう あら 蚊遣かや 居直いなお たず 容易ようい 誠心せいしん しゃ あま 執着しゅうちゃく 軽々かるがる ふう ふふ 近眼きんがん ゼロ 隣家りんか 隣室りんしつ とう 高尚こうしょう 軸物じくもの 今日こんにち 物悲ものがな 養生ようじょう 風彩ふうさい 玄関げんかん めずら びん おい 一向いっこう 盲腸もうちょう 頭脳あたま 看板かんばん 一散いっさん 破壊はかい 空頼そらだの 笑顔えがお 雑木ぞうき 篶子すずこ 粛啓しゅくけい 紳士しんし 結論けつろん 給仕きゅうじ 羽織はおり 肋膜ろくまく 肝要かんよう 障子しょうじ 肺尖はいせん 閉口へいこう さそ 談論だんろん 説教せっきょう 退屈たいくつ はる 解剖かいぼう 適切てきせつ いのこ 診察しんさつ