“風彩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふうさい66.7%
みなり33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今先輩大木の家に落ちついて、ゆったりとした大木の風彩に接し、情のこもった大木の話を聞けば、矢野は何時の間か、時雨の空が晴れたような心地にまったく苦悶がなくなる。
廃める (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
風彩からいえば、そののほうが、上役よりりっぱでした。頭髪をきれいにけ、はいているくつもかけるに、れな細君をいれてみがいたので、ぴかぴかとっています。
風はささやく (新字新仮名) / 小川未明(著)
「今を何時だと思ってるんだろう。闘牛季節の忙しい最中に、貧乏たらしい風彩をして、泊めてくれとはく云えたものだ。俺が慈善家でなかったなら一も二も無くわったのだ」
闘牛 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)