“細君”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さいくん82.5%
かない4.1%
おくさん2.1%
かみ2.1%
にょうぼう1.0%
おかみ1.0%
おかみさん1.0%
おとき1.0%
かみさま1.0%
かみさん1.0%
つま1.0%
フラウ1.0%
レコ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まあ、そう悪く云うなよ、可愛い男じゃないか、あんな男は家を持ったら、家のことはきちんとするよ、細君になる者は安心だよ」
雨夜続志 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
私の家は、私と、細君と、それから弟が一人あって、その弟は、今度の戦役に従軍して、金鵄勲章ももらっておりますが、べつに他人から、家庭のことを
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
父はじろりと母を見てからからと笑いながら「なあ難波君、学問の出来細君は持つもんじゃごわはん、いやさんざんな目にあわされますぞ、あはははは」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
今の身分ぢや兎ても先生のお細君さんなどに成れぬから、矢張三年行つて來るのが第一だとも考へる。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「なにって、家の旦那さまが、家の細君の往くぐらい、聞いたっていいじゃないかとおっしゃるのだよ」
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「どうの、こうのって、大将、彼奴の細君さんが」声を落して、「男をれて来てるのだぜ」
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
お倉さんとは誰の事だ女「藻西太郎さんの細君です、実に奇麗な女ですよ。 ...
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
って這入れと勧めるから、両人共加入りました、其時、細君が、保険をつけると殺される事があると言ったのが原因で、大喧嘩をして、お叱りを受けたことがあります。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
淵瀬の以前知らぬ人も気の毒がり、水臭からぬ隣の細君、お秋が提ぐる手桶の、重さうなるを、助けて運びくるる事もあり。
野路の菊 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
火が出ると、間も無く近所に居たと云う、亭主の勝次郎は、駆けつけて来たが、細君のお時の姿が見えない。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
一生の重荷となれば、憎くもなり、りだしたくなる方が道理で、これは『細君』であるからの退屈ではない。花火的の情熱の對手なら、猶更その負擔と欠伸は早く來る。
こんな二人 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
……俺に言わせると、危険なのは君の情況でなくて君が本気で細君を愛しはじめたことなんだ。君がひとりで逃げようとするなら、それは実に易々たる問題なんだからな。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「早瀬の細君はちょうど(二十)と見えるが三だとサ、その年紀で酸漿を鳴らすんだもの、大概素性も知れたもんだ、」と四辺近所は官員の多い、屋敷町の夫人連が風説をする。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)