“つま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツマ
語句割合
14.6%
14.1%
12.7%
10.8%
10.1%
8.9%
5.7%
4.5%
2.5%
良人2.1%
1.7%
1.0%
0.8%
0.6%
0.6%
0.4%
女房0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
内儀0.3%
夫人0.3%
0.3%
0.2%
都万0.2%
0.2%
配偶0.2%
0.2%
充填0.2%
0.2%
0.2%
滿0.2%
畢竟0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
王妃0.1%
0.1%
充實0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
填充0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
本妻0.1%
無味0.1%
0.1%
0.1%
細君0.1%
0.1%
老妻0.1%
0.1%
調味0.1%
0.1%
0.1%
郷偶0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此上におみは萬々見送りなどしてさるな、さらでだに朋友手前もあるにかをかしくられてもおらず
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
私は直ぐにそれをんで白菜の畑のなかに投げ込んだ。そうして、ほっとしたように見あげると、今朝の空も紺青に高く晴れていた。
はなしの話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
謙譲のはずれは、倨傲の襟より品を備えて、尋常な姿容は調って、焼地にりつく影も、水で描いたように涼しくも清爽であった。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
の狗か。」判事はだしぬけにの真中で鼻をまれたやうな顔をした。「それぢや仕方がない、盗まれた肉代は幾らだつたね。」
車座となって番茶の出がらしを啜りながら、石子の御馳走の餠菓子をんで雑談に耽っているうちに彼等はだん/\打解けて来た。
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
古井戸は、先住ものにふことありて其處しくなりぬとぞ。ちたる犇々としていなるのおもしをいたり。
森の紫陽花 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
親仁くと、婦人一寸つてさきをちよろちよろと真黒けたつて、かぬほどに小隠れた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
結納されし日も宮は富山唯継をと定めたる心はつゆ起らざりき。されど、己はにその家にくべき身たるを忘れざりしなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
私はもうグッと胸がって来ましたから、構うことはないもうやっつけてしまえと思ったのですけれども、足立さんがしきりに止める。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
ふり残されし身一ツに、雨をも、雪をも、御案じ申し上げれども。かくと明かせぬ切なさは、世に隔てなく待遇したまふ、良人へ我から心の関。
移民学園 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
何や、狐にまれたようなお話で、お聞き下さいましたみなさんは、物足らんように思われますやろが、私も実はけったいな気がしました。
黄鳥の嘆き (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
「いや、そんな事を遠慮する奴があるものか。斯うなればづく石つころも手掛りだ、早速宗太郎の樣子を探つて見よう」
「こんな所にゐてはりません。」だの何だのつて言ふの。なんだか愚痴見たいな心細い話ばかりするのよ。
梅龍の話 (旧字旧仮名) / 小山内薫(著)
殿祭室寿のうたは、家讃め・人讃め・覉旅・宴遊のうたを分化し、鎮魂の側からは、国讃め、妻ぎ・偲び・賀寿・挽歌・祈願・起請などに展開した。
かつて深川で左褄を取っていた師匠は、万事ゆったりしたこの町の生活気分が気に入り、大弓場の片手間に、昔し覚えこんだ清元の稽古をしてしく暮らしているのだったが
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「はて、返事がえの、し可し。」とりたる菓子をめば、えかねて
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
女房は内職の仕立物に餘念なかりし手をやめて、まあ/\是れは珍らしいと手を取らぬばかりに喜ばれ、見れば六疊一間に一間の戸棚只一つ、箪笥長持はもとより有るべき家ならねど
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
もし両者に軽重の区別があると言いますならば、天津神は父、国津神は母、天孫民族は、先住土着の民族はの関係という位のところであります。
重ね重ねの不思議に姫は全く狐にまれた形で、ぼんやりと突立って見ていると、その内に又もや風が一しきり渦巻って
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
私は金につて心中なんぞを為た、と人にれましても、情婦の体を売つたお陰で、やうやう那奴等は助つてゐるのだ、と一生涯言れますのは不好で御座います。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
まるでの様に小さな狭くるしい部屋がずらりと続いて、その入口には一々値段が書き出してあるのだ。息のる様な闇の中には、女の裸体が白く見えて居た。……
大衆文芸作法 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
り同じ影もつ家どなり春先といふに寒きにあり
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
このところ来客に出す酒肴もみすぼらしいほど粗末になった、家内の食事は焼き味噌に菜漬だということも耳にする、……それほどしくするおまえが
日本婦道記:尾花川 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
何とやらして空飛ぶ鳥は、どこのいずこで果てるやらって唄があるが、まったく私らの身の上さね。こうやってトドのりは、どこかの果の土になるんだ。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
ここでっているのは、私達んどしも現世時代をしなかったことで、しひょっとそれをろうとすると、やらってうようにじられるのでした。
子は可愛いぞ、益満、然し、天下のために、子を斬る時も、人間にはあるぞ。まして、お前達、軽輩の身軽さとはちがう。いろいろの、らぬ、小さい、煩わしいことが、わしを縛っている。
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
目鼻だちの何處やらが水子にてせたる總領によくたりとて、はなきなる地主内儀可愛がられ、はじめはお大盡旦那びしを、父上ぶやうにりしは其身幸福なれども
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
夫人たる御方は、良人の留守を守るのが道であるのに、いま荊州を去るとは何事か。それが呉の婦道か」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
只勢のみを知て事を爲すものは必ず術に陷るべし。又理のみを以て爲すものは、事にゆきあたりてるべし。
遺訓 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)
そんならぬ打消すと、結局夢中にそんな所も過ぎるので、これによいことだと自分は思う。
死神 (新字新仮名) / 岡崎雪声(著)
日向都万神社のお池、花玉川の流れには片目の鮒がいる。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
見出しき申候れば昨夜づきしはたく殺害されし者と初めて心づき候因て殺し人は外に御座候はんながら此儀御賢慮ひ奉つるといふをもず小野寺源兵衞席を進みくいかに傳吉邪辯
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それからった音、それは「つ」という字を書くのでありますけれども、この仮名は普通の「つ」の音に読む場合と、「有つた」という風に促った音と、二つの用をなしている。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
海岸には、光線がぎっしりと充填って、まぶしくって、何にも見えない位だった。そしてその光線の中へは、一種の妖精にでもならなければ、這入れないように見えた。
麦藁帽子 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
早人の名に負ふ夜ごゑいちじろく君が名のらせとたのまむ (巻十一)
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
橋の上には、夕陽の後光を後ろに背負った、素晴らしい美女が地味なお召のを軽くかかげて、平次の顔を迎えて、引入れるようにニッコリするのでした。
今日は日比谷の散歩やら、芝居の立見やら、滿らなく日を暮して、おに床屋へ入込んで今まで油を賣つてゐたのであるが、氣がついて見ると、腹はもうつくやうにつてゐる。
絶望 (旧字旧仮名) / 徳田秋声(著)
牧場の土と成りたいと言ふのも、山で葬式をして呉れと言ふのも、小諸の向町へ知らせずに置いて呉れと言ふのも、畢竟るところは丑松の為を思ふからで。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
はい/\、狐にまれました御免なされ、と云ひながら悪口雑言聞き捨に痛さを忍びて逃げ走り、漸く我家に帰りつけば、おゝ御帰りか、遅いので如何いふ事かと案じて居ました
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「いやだよ、もう金さん、そんなていねいなわれると、私は気がるから、やっぱり書生言葉を遣ってくださいよ。ほんとに凛々しくって、私は書生言葉は大好きさ」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「またったときは、いつでも持ってお出でなさい」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「なるほどこれはってる」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
の花瀬は最前より、物陰にありての様子を、残りなくめゐしが。身は軟弱雌犬なり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
降り続く大雪に、伯母に逢ひたる心地にや、月丸は諸共に、奥なる広庭に戯れゐしが。折から裏の窠宿に当りて、鶏の叫ぶ声りなるに、哮々と狐の声さへ聞えければ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
わが王妃、わが夢、わが欲望! ウスナの家がわしに対してあの苦いにがい罪を犯さなかった前には、おお、婦人の中のよ、わしが自分の夢をお前の顔の光明に照らした時
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
死んでからのお前の静かな微笑はメーブ女王の全軍の兵よりもわしにはっと恐ろしい! デヤドラ、デヤドラ、お前の眼には、死と美しさがあった、わが王妃、わが夢、わが欲望
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
り、これから自活する決心で今晩から某家へ雇われる事になった。永く辛抱が出来ればいいが、未来の事は誰にも判らない。
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)
いい事か、悪い事か知らんが、僕は計画があるんだ。りね、この端金を一晩でビールの泡にしてしまうというんだ。遊民生活の過去と華々しい訣別式を
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)
そのでなうて、そんな鬪爭何處にあらう? 足下には鷄卵黄蛋充實ってゐるやうに、鬪爭充滿ぢゃ、しかも度々打撲されたので、少許腐爛氣味ぢゃわい。
長い間木之助の毎日の生活の中で、わしいことやらぬことの多い生活の中で竜宮城のように楽しいいであったこの家もこれからは普通の家になったのである。
最後の胡弓弾き (新字新仮名) / 新美南吉(著)
大概お総菜など、朝は、しばのお汁、中飯にハイ豆腐か、晩は鹿尾菜に油揚げの煮物のようなものでそれはしいものであった(朔日、十五日、二十八日の三日には魚を付けるのが通例です)
雀は、しばらくためらって後、大きなかけらを素早くんで、煙突の向うへ飛び去りました。が、じき一羽の友を伴れて、戻って来ました。友はまた友を伴れて来ました。
きてゐるやうなら……埋葬所其間先祖填充ってあり、まだ此間めたばかりののチッバルトもまぶれの墓衣のまゝで
得て気のるものと俊雄は切り上げて帰りしがそれから後は武蔵野へ入り浸り深草ぬしこのかたの恋のお百度秋子秋子と引きつけ引き寄せここらならばと遠くお台所より伺えば御用はないとすげなく振り放しはされぬものの其角くまがれるを
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
ただ都会のただ中では息がつた。人間の重さで圧しつぶされるのを感じた。其処に置かれるには彼はあまりに鋭敏な機械だ、其処が彼をいやが上にも鋭敏にする。
その物寂しい長廊下にしばらく三太夫は立っていたが、紙に包んだ白粉を二本の指でみ上げ、廊下の一所へそれをいた。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
アダムの二本棒意地さのさへずば開闢以来五千今日まで人間楽園居候をしてゐられべきにとンだいてふといふ面倒じ〻は迷惑千万の事ならずや。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
だから実家へ這入る事も出来ないで斯んな裏家住居の所へ人を入れて、と云っても公然届けた訳でもなし、碌なものも着せず、いまに時節が来ると本妻にすると私をかして置くじゃアないか
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
急いで開封して見ると存外改たまった妙に取済ました文句で一向無味らなかった。
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
運転手は顔の寸のったいっこくらしい男である。彼は警官が柏に説明している間も、猜疑深い調子で、じろじろと私を睨廻していた。
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)
網が山のようにさっている間に、高さのな二つの影がんでいた。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
一生の重荷となれば、憎くもなり、りだしたくなる方が道理で、これは『細君』であるからの退屈ではない。花火的の情熱の對手なら、猶更その負擔と欠伸は早く來る。
こんな二人 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
左様あればる所兄弟中もみなよくなりて果は父母様の御仕合、また子供が見習い候えば子孫のためこれほど目出度い事はないではないか〔聖賢の心地、家庭における松陰かくの如し〕。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
冷えた肩を硬張らせた惣平次は、その、老妻背後すがたに眼を凝らして、ちょこなんと、坐ったきりだ。
焦茶地の縞羅紗二重外套の冬が不用をや譲られけん、尋常よりは寸のりたるを、身材の人より豊なるにひたれば、例の袴は風にや吹断れんとくもきつつ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
刺身は調味のみになッて応答をするころになッて、お政は、例の所へでも往きたくなッたか、ふとッて坐舗を出た。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
この時になッてお勢は初めて、首の筋でもッたように、徐々顔を此方へ向け、可愛らしい眼に角を立てて、文三の様子を見ながら、何か云いたそうな口付をした。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
(急いで出ようとして敷居にずく。)「あぶないぞナ。」「なに大丈夫サ、大丈夫天下の志サ。おい車屋、真砂町まで行くのだ。」
初夢 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
いでや浮島のヱネチアに往かん、わたつみのてふヱネチアに往かん。神よ、我をして復た羅馬に歸らしむることれ、我記念の墳墓をはしむること勿れ。さらば羅馬、さらば故郷
の中には、父親が若いころ、時の流行にかぶれて道楽にかいた書画にした大小の雅印が入れてあった。銅の糸印などもまじっている。蝋石の頭に獅子みを彫った印材のままのものがある。