“蒔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
96.0%
まき2.7%
0.4%
まい0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
試合の催しがあると、シミニアンの太守が二十四頭の白牛を駆っての内を奇麗に地ならしする。ならした後へ三万枚の黄金をく。
幻影の盾 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
四月にいたれば田圃の雪もにきえて、去年秋の彼岸たる野菜のるゐ雪の下にいで、梅は盛をすぐし桃桜は夏を春とす。
これあ道理じゃと思って、菊ばかりじゃない、胚子ろすもの刈るもの、すっかり落葉もいて置こうと思いますのじゃ
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
し国会論の種は維新の時からてあって、明治の初年にも民選議院云々の説もあり、その後とても毎度同様の主義を唱えた人も多い。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
」「」「御酒」「」「」「る」「」「」「」「昨日」「」「常盤」「」「」「杜若」「行き」「き」「分き」「吹き」「
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)