幻影の盾まぼろしのたて
一心不乱と云う事を、目に見えぬ怪力をかり、縹緲たる背景の前に写し出そうと考えて、この趣向を得た。これを日本の物語に書き下さなかったのはこの趣向とわが国の風俗が調和すまいと思うたからである。浅学にて古代騎士の状況に通ぜず、従って叙事妥当を欠き …
作品に特徴的な語句
おう たなごごろ とこ わた びょう ねご よみ かた 玻璃ハリ よし 天晴てんせい さかし おお おろ とこし ふん かたえ よわ こう もと しわ ほがら ばし せき 大王たいおう さが かく うず さか 穿 よこぎ おの いだ 尻尾しりお うご つつ たたかい たた まば ほむら みど むな おおき しゅ とおざ たのしみ つい 自然じねん まだ ほと こす おく つく さま けん 驀地ばくち きた うずた あめ さえ とお あた いく やむ くびす ひざま おのず めぐ 現世げんぜ もぐ くう 漸々だんだん えみ かご くれない しまり 気合けはい きわ 覊絆きずな おしえ ごと こと かか あきら もち かさ あるい