“翁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おきな76.0%
おう10.5%
をう4.1%
しゅうと1.8%
おじ1.2%
おやじ1.2%
をぢ0.6%
ヲヂ0.6%
おうき0.6%
おぢ0.6%
じい0.6%
じいや0.6%
じじ0.6%
ぢゞ0.6%
オキナ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帝劇の屋根の上にの像が突っ立っていたのも同様であった。(震災前)はじめは何だか突飛な感じがしたがしかし直ぐ眼に馴れた。
丸の内 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
時、の一家は長んでゐた。その長には、下岡蓮杖んで、日本寫元祖である上野彦馬が同じくんでゐた。
前年江戸にし時右の事を山東翁にかたりしに、世路総滝よりも危からん、世はもとを見てるべきにやとてへり。
羅夫婦は子供夫婦と同じ室にいたが、新婦は孝行で、さながら生んだ子供のようにえた。羅はまた帰りたいといった。翩翩はいった。
翩翩 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
年紀六十に余れる隣の扇折き時は、夜ごとにその姿見たりし由、近き年は一年に三たび、三月に一など、たまたまならでは人の眼に触れずという。一尾ならず、二ツ三ツばかりある。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
赤々と禿げた、ったが丸い鉄火鉢膝子のように抱いて、たそうに店番をしていた唐物屋は、長崎屋と言った。
山の手の子 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
かくても始末は善しと謂ふかと、打蹙むべきをひてへたるやうのせば、満枝はその言了せしを喜べるやうに笑ひぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
知る人のなくなるが多きさとに、ひとりある 千代もかくもが
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
のっそり近寄っていったのを知ってか知らずか、老神官はの面のような顔に、灰汁ぬけした怒気を漲らしながら、なおけたたましく鳥刺しをきめつけました。
琅玕断崖づたひ投網うつ
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
失望落胆に沈んでいる時にも、もしこれがソクラテスさんであったら、この一刹那如何に処するであろう、と振返って、焦立つ精神をめてみると
ソクラテス (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
さっき、鋭い呼笛がし、つづいて主屋の方から、悲鳴や、襖、障子を蹴ひらく音や、走り廻る音が聞こえて来、の三平が、あわただしく様子を見に行ったがまだ帰って来ない。
猿ヶ京片耳伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
むかしむかしは山へ柴刈
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)
むかし/\柴刈
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
」「」「御酒」「」「」「る」「」「」「」「昨日」「」「常盤」「」「」「杜若」「行き」「き」「分き」「吹き」「
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)