“信天翁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あほうどり52.9%
あはうどり17.6%
おきのたいふ11.8%
おきのたゆう5.9%
をきのたいふ5.9%
アホウドリ5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絶壁には千年のがむして、荒波のしぶきが花と散っている。そして信天翁の群が、しゃがれ声で鳴きながら、その上を飛んでいる。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)
以前は琉球の無人島で信天翁と同棲した事もあつたが、その細菌学の研究に憂き身をやつして、とうと博士の学位を取るまでになつた。
日はひねもす信天翁といふ鳥ののろのろごゑをきけば悲しも
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
僕は、先人未踏の地へ、「霧と雪の国」へ行こうとしていますが、信天翁は殺しません。