“信濃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しなの98.9%
しなぬ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
弘治三年(一五五七)七月、越後のくに春日山の城中では、いま領主うえすぎ謙信を首座として、信濃へ出陣の軍議がひらかれていた。
城を守る者 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
これに多数を意味する接尾音をつけた「シンヌ」はたくさんな山地でこれが「信濃」に似るなどちょっとおもしろいお慰みである。
言葉の不思議 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
信濃なる須賀荒野にほととぎすきけばぎにけり 〔巻十四・三三五二〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)