海潮音かいちょうおん
遙に満洲なる森鴎外氏に此の書を献ず 大寺の香の煙はほそくとも、空にのぼりて あまぐもとなる、あまぐもとなる。 獅子舞歌 巻中収むる処の詩五十七章、詩家二十九人、伊太利亜に三人、英吉利に四人、独逸に七人、プロヴァンスに一人、而して仏蘭西には十 …
作品に特徴的な語句
をはん きよう こごん しよう をふ そそ あら からすき むか 邂逅わくらば りよう むかひ きはみ わかき かぐ 彼女かのひと おこなひ 静寂しづけき なべ あつ よう あらず をはり せち しかけ 甲板こうはん たたかひ あだ のつと したたり やま 躊躇ためらひ はて 微笑ほほゑみ 姉妹おとどひ をのの このみ じやく うせ 憂愁ゆうしゆう 飛行ひぎよう 光明こうみよう ぞめ 旅人たびうど さかし とどま かたへ おほ 佇立たたずまひ 負傷ておひ いまし きさ 毛布けぬの こご 冥府みようふ おもき まどか ひま 泥濘ぬかりみ 勤行ごんぎよう さきだ そく 静寂せいじやく いこ きよく あだ じろ 華奢かしや 飛鳥ひちよう おほ 驕慢きようまん しろ ほん にほひ おのづ やや つき 笑止しようし 妖怪あやかし 淡白あはじろ あたか 如何いかに ゑみ 宿やどり かをり 徘徊もとほり 忌々ゆゆ 褐色くりいろ 燈明とうみよう ゑが ふた
題名が同じ作品
海潮音 (旧字旧仮名)上田敏 (著)