“笑止”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうし62.3%
せうし17.4%
おか7.2%
をか4.3%
きのどく2.9%
しようし2.9%
おかし1.4%
をかし1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老いては普請庭つくり。これさへ慎めば金が出来るとやら申す由なれど小生道楽の階程も古人のに適合致候は誠に笑止に御座候。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
るゝありとかきしがこれはいかにるべきれたるかもまだかるを笑止といはゞ笑止へばしきなり
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
自分の事を言うのは笑止しいが、私は児供の時から余りアンビションというものがなかった。この点からいうとよほど馬鹿だった。
で、貴方時代やうとしてもゐられるでせうが、いや、ふことはいかもれません、笑止しければおさい。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
周三は笑止に思ツた。で、幾らかおふくろに同情した積で、「然うですかナ、酒を飮むと、實際氣が晴れるものでせうか。」と合槌を打つ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
其樣なものに鼻毛よまれてあしの御用心さりとてはお笑止やなどヽくまれいひちらせどしの
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
米友は笑止がって鍋焼饂飩に力をつけてやり、お茶を飲ませたり、れた道具を片附けたりしてやりました。
此時龍馬は創を負て居るからと籠にのり、私は男粧して兵隊の中につて行きました……、笑止かつたですよ。
千里駒後日譚 (新字旧仮名) / 川田瑞穂楢崎竜川田雪山(著)