“笑止千万”のいろいろな読み方と例文
旧字:笑止千萬
読み方割合
しょうしせんばん88.9%
せうしせんばん11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あなたがたから見て笑止千万な事もその時の私には実際大困難だったのです。私は旅先でもにいた時と同じように卑怯でした。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
世人はタチバナの名にれて勝手にこれを歴史上のタチバナと結びつけ、んでいることがあれど、これはまことに笑止千万僻事である。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)