“千秋万歳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
センズマンザイ50.0%
せんしゅうばんざい16.7%
せんずまんざい16.7%
センジユマンザイ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千秋万歳と言へば、しかつめらしいが、民間のものよしと替る所がなく、後々はものよしの一部の新称呼とまでなつて了うた。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
皇室の御栄えあらせらるることは、われわれ国民にとってまことに喜びにたえませんことで、千秋万歳
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
千秋万歳と称して、正月の四日五日に禁廷に罷り出でて色々の曲舞を奏した者も、亦唱門師であった。
俗法師考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
其が、進むと千秋万歳である。此は、平安朝に早く現れて、而も人の想像する程の変化もなく、近代の万歳芸に連接してゐるのである。