“千紫万紅”の読み方と例文
読み方割合
せんしばんこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかもみな彩色の新版であるから、いわゆる千紫万紅絢爛をきわめたもので、眼もというのはまったく此の事であった。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
『君たちのやうな熱心家の為めにこしらへた雑誌だから、それに入会したまへ』かう言つて、『千紫万紅』といふ雑誌の成規を添へてよこした。
紅葉山人訪問記 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
それかららくしてから『千紫万紅』という新らしい名で更に発行されたが、この『千紫万紅』は硯友社よりもむしろ紅葉一個の機関であって