“不埒千万”の読み方と例文
読み方割合
ふらちせんばん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嗚呼、かる有様では、最早永久に早慶試合の復活は絶望と見るの他はあるまい。嘆又嘆!学生界の為に此様不埒千万な事はない。
むかしはトウビョウつきを政府へ呼び出だし、裁判所にて、「その方は畜生の分際として人につくなどは不埒千万である。早く出て行け」
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
「つまり、いたずら者の本家本元は薩摩だ、薩摩というやつは実に不埒千万なやつだ、その薩摩を取って押えて、ふかしたり、焼いたりしてしまいたいものだ」
大菩薩峠:20 禹門三級の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)