“不埒”の読み方と例文
読み方割合
ふらち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御禁中警固、京一円取締りの重任にあるべき所司代詰の役侍が、その役柄を悪用して不埒を働こうとしているだけに許せないのです。
お言いでないよ。ソリャお前の事だからまさかそんな……不埒なんぞはおじゃ有るまいけれども、今が嫁入前で一番大事な時だから
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
それなのに無断、人なかへ出て来るなどは、不埒な女。何とぞおかまいなく、早々、三河一色村へ追ッ返していただきとう存じまする
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)