“馬耳東風”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ばじとうふう88.9%
はじとうふう11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老人らが懇々吾人に身のめ方について説いてくれるときでも、この老いぼれめが維新前の話をしているわいと、馬耳東風に聞き流すことが多い。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
何進の催促を馬耳東風に、豺狼の眼をかがやかしつつ、ひそかに、眈々と洛内の気配をうかがっているのであった。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
早く立憲の政体を立て、人民をしてに参せしめざる時は、憂国の余情れて、如何なる挙動なきにしも非ずと、種々当路者に向かって忠告するも、馬耳東風たる而已ならず憂国の志士仁人
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)