“馬耳東風”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばじとうふう88.9%
はじとうふう11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何進の催促を馬耳東風ばじとうふうに、豺狼さいろうの眼をかがやかしつつ、ひそかに、眈々たんたんと洛内の気配をうかがっているのであった。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何をいっても、馬耳東風ばじとうふうである。そして独り合点を繰り返しているばかりの相手だった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
馬耳東風はじとうふうたる而已のみならず憂国の志士しし仁人じんじんが、誤って法網ほうもうれしを、無情にも長く獄窓に坤吟しんぎんせしむる等、現政府の人民に対し、抑圧なる挙動は
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)