“迅風耳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じんぷうじ80.0%
はやてみみ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「泰野屋の奥に居ても、おれも、ただは遊んでいない。金吾の歩む足音は、この迅風耳で聞きすましている」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蕎麦屋は、巷の迅風耳とみえ、よくしゃべっていたが、急に、担荷に天秤をさし入れて
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おれの勘は、迅風耳だ。……たしかに、遠くから、官馬のの音がしてくる」
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)