“春風馬堤曲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅんぷうばていきょく75.0%
しゅんぷうばていのきょく25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“春風馬堤曲”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
蕪村は摂津浪花なにわに近き毛馬塘けまづつみの片ほとりに幼時を送りしことその春風馬堤曲しゅんぷうばていきょくに見ゆ。彼は某に与うる書中にこの曲のことを記して
俳人蕪村 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
蕪村は摂津せっつ浪花なにわに近き毛馬塘けまづつみの片ほとりに幼時を送りしことその「春風馬堤曲しゅんぷうばていきょく」に見ゆ。彼は某に与ふる書中にこの曲の事を記して
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
しかしこの解釈は、後に「春風馬堤曲しゅんぷうばていのきょく」で反説しよう。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
この句は「春風馬堤曲しゅんぷうばていのきょく」の主題となってる。春風馬堤曲は、蕪村の試みた一種の新しい長詩であって、後に紹介する如く、彼のポエジイの最も純粋な主題的表現である。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)