“咏嘆”の読み方と例文
読み方割合
えいたん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「三月になります。」とか「なるわよ。」とか言切ったら平常の談話に聞えたのであろうが、ネエと長く引いた声は咏嘆というよりも
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
一般に詩や俳句の目的は、或る自然の風物情景(対象)を叙することによって、作者の主観する人生観(侘び、詩情)を咏嘆することにある。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
むしろ偶然の重複に咏嘆するような心持ちがいくぶんかあるので、つい二人の作をここに並べてあげたくなったのである。
手紙 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)