濹東綺譚ぼくとうきだん
わたくしは殆ど活動写真を見に行ったことがない。 おぼろ気な記憶をたどれば、明治三十年頃でもあろう。神田錦町に在った貸席錦輝館で、サンフランシスコ市街の光景を写したものを見たことがあった。活動写真という言葉のできたのも恐らくはその時分からであ …
作品に特徴的な語句
つちのと うまれ かえり しる かえ はて しる ハラ はや びき かんば きょう まじわり しばたた はぎ あげ さきん のび たくわえ あつらい とどま はしら ゆだ じょ しりぞ かえ 卓子たくし わかち あじわい わずらわ なまめか いっ じゅう いそが かかえ わき あきらか 退しりぞ まもり かがやか さだま 一層ひとしお ここ いわん 家中いえじゅう まず ただち ぐん えい ぼう ただす とざ すご むな こわ 通過とおりすぎ しりぞ いえども 平常つね こま ほとり くわわ ゆう にぎやか はず さなが あやまち 此女このおんな 一巡ひとまわ 一時ひとしきり さわが かたむき かっ あたたか しん 其方そっち おつ おく 反歩たんぽ たや 下流かわしも 彼方あっち 種々さまざま やしろ もっとも 卓子テイブル にらみ 引止ひきとど かえっ 待合まちあわ いまだ もっとも 夥多かた おのれ