“誤”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あやま49.2%
あやまり35.9%
あや2.3%
あやまち2.3%
あやまて1.6%
あやまる1.6%
あやなり0.8%
あやまっ0.8%
あやまつ0.8%
0.8%
しま0.8%
たが0.8%
まちが0.8%
アヤマ0.8%
アヤマリ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まあ僕にしてちなしとすれば、君がこのことをよく考えてみるために、この後十年以上もの年月が、君のために与えられるだろう。
明月記は千の書なれば七は六のとしても氷室をし六月の氷べからず。貢献の後氷室守が私にすもしるべからず。
劣等の雲雀は戻って来る時まっての籠へ這入ったり甚しきは一丁も二丁も離れた所へ下りたりするが普通はちゃんと自分の籠を
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
わたくしは人物の性格よりも背景の描写に重きを置き過るようなに陥ったこともあった。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
先生を他国の人と眼解てたばこの火をたるならん、可憎々々否々にくむべからず、たばこの火をて美人にえん(烟縁)をむすびし」と戯言ければ、岩居を拍て大に笑ひ、先生
蛾眉山のあるは都をる事僻境なり。推量するに、田舎標準なれば学者しにもあるべからず、俗子の筆なるべし。されば今の竹を※とか、博識つ。
『だが僕の記憶にしてなければ、両駅間には支線は一本も無いはずだ。どうしても、本線を走って行ったものとしか思われんがな——』
けだし慶応義塾の社員は中津の旧藩士族にる者多しといえども、従来少しもその藩政にを入れず、旧藩地に何等の事変あるもとして呉越をなしたる者なれば、往々薄情るも
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
て往路を俯瞰するものなし、荊棘の中黄蜂の巣窟あり、先鋒て之をす、後にぐもの其襲撃を被ふるもて之をくるのなし、顔面れし者
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
無意識といっても普通の偶然のさくを意味するものではなくて、チャンとおれ自身の意志から発しているのだ。あすこへ斧をおき忘れておけば、どうかした機会に落ちることがあるだろう。
疑惑 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
〔評〕十年の、私學校の彈藥製造所む。南洲時に兎を大隈山中にふ。之を聞いてへて曰ふ、つたと。爾後肥後日向に轉戰して、神色夷然たり。
諸の神たちにせて詔りたまはく、「もし天若日子、へず、ぶる神を射つる矢の到れるならば、天若日子になりそ。もしき心あらば、天若日子この矢にまがれ一六
滿が続けざまに云ひひをして、そしてそれに少しも気が附かないで居るのが鏡子には悲しかつた。この時のはい涙であつた。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
この詩歌の内容を、即思想とする辺から多くのが醸される。
和歌批判の範疇 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)