帰つてからかえってから
浜松とか静岡とか、此方へ来ては山北とか、国府津とか、停車する度に呼ばれるのを聞いても、疲労し切つた身体を持つた鏡子の鈍い神経には格別の感じも与へなかつたのであつたが、平沼と聞いた時にはほのかに心のときめくのを覚えた。それは丁度ポウトサイド、 …
作品に特徴的な語句
容貌きれう かほる ふた よろこ まちが 微笑ほゝえ はて ちいさ 何時いつか きよし 寝台ベツト こひ げん とぢ たかし あげ 微笑ほほゑ 滿みつる ちさ 真実ほんま かゝ たなごゝろ はづか ごゝろ かす たい ふん 馴染なぢみ ひら 朝飯あさげ けえね づき ゑみ うつ 周章あわたゞ ゆき とほり いたは 一寸ちよいと ぶり しん やう ちいさ 夕飯ゆふげ ゆは ぼつ あぢは さま 出立でたち おろ ほどばし よぎ なげ すゑ いへ おほ まぎら 小原をはら かゝは うつ 我家わがいへ さふらふ あるひ 中位ちうぐらゐ つれ よこ 向側むかふがは 良人うち つめた おく がち 気恥きはづか てる 微笑ほゝゑ ほゝ さかづき なに うしろ 昼飯ひるはん ちゝ やまひ ゆが 今日けふ 巴里パリイ しん たま ぐらゐ つむり どき