“あや”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アヤ
語句割合
22.3%
16.4%
11.2%
8.9%
8.4%
6.4%
3.4%
2.5%
2.4%
2.1%
2.1%
2.0%
1.8%
1.6%
1.2%
0.8%
可怪0.6%
0.5%
0.4%
0.4%
謝罪0.4%
0.3%
0.3%
0.2%
奇怪0.2%
文彩0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
怪訝0.1%
0.1%
交叉0.1%
光彩0.1%
奇異0.1%
安益0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
文様0.1%
文理0.1%
文章0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
綾成0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
阿屋0.1%
阿爺0.1%
陳謝0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「——そんな所で、今朝からなにを待っているんだね。このごろは、黄巾賊とかいう悪徒が立ち廻るからな。役人衆にしまれるぞよ」
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さてばかりの盃事をすませると、まず、当座の用にと云って、塔の奥から出して来てくれたのがを十に絹を十疋でございます。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
女は身をすと、掛け香を三十もブラ下げたようなしく、艶かしい香気を発散させて、八五郎の膝へ存分に身を投げかけるのでした。
さるゆえ竜造寺長門、これをめるに何の不思議があろうぞ。憎むべき仏敵斃すために、人夫の十人二十人、生贄にする位は当り前じゃわ
ある台風ったとき、うくこぎになろうとしたのを、あくまで大地にしがみついたため、片枝られてしまいました。
曠野 (新字新仮名) / 小川未明(著)
しかしこれは人をめるものではなく、仏さまの守護神であることを爺は知つてゐますので、ちつともいとは思ひませんでした。
天童 (新字旧仮名) / 土田耕平(著)
無地にかえって無限のを見るのである。無地にはただ何もないというのではない。ここに無地ものに対する私の物偈三句を添える
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
糸子は床の間に縫物の五色を、と乱して、糸屑のこぼるるほどの抽出を二つまであらわに抜いた針箱を窓近くに添える。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
またたとひ人たる者がかくかくれたるをば世に述べたりとてしむれ、こゝ天上にてこれを見し者、これらの輪にはる 一三六—
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
天照らす大御神いよよしと思ほして、やや戸より出でて臨みます時に、そのり立てる手力男の神、その御手を取りて引き出だしまつりき。
勤居たりしに若氣まちとて不義密通に及びし事薄々へも聞え御家法に依て兩人の一命をも召さるべきの同藩にて五百石を物頭役
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
光子さんも明日はい来なさるやろけど、私に会うのんまり悪がってなさって、「あんたから姉ちゃんにまっといて頂戴」
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
高貴のなさることは概して下賤の常識では計りかねる非凡なところが多いのだから、その物々しい覆面も例の伝だと思ってさしてしむこともなかった。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
アッハッハッハッ違うかな。いや違ったらご勘弁、こいつ器用にまってしまう。とはいえそうでも取らなかったら、他にとりようはないじゃあないか。
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
眼もな芝生の向うには、らんばかりの緑の林が蓊鬱と縁どって、まるで西洋の絵でもめているような景色でした。
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)
尤も惡者の手につられて、以前は隨分惡いと知りながら、不本意なこともさせられたさうですが、私のところへ來てから、ざつと百日のひといふものは
その時は何んの心もなく、の二股をいだが、此処に来て、昔の小屋の前を通ると、あの、蜘蛛大名が庄屋をすると、可怪しく胸に響くのであった。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
歴史的伝統の道を外れたものとしての外道として、既成の権威にからぬものである限り権威なきものとして、そのような問題は見做され易いのが事実である。
イデオロギーの論理学 (新字新仮名) / 戸坂潤(著)
れいののやからとは平ぜい往来の頻繁なこの宮の舎人をつとめてゐるだけに尚さら、小黒の胸にはひしひしと感じられるのだつた。
春泥:『白鳳』第一部 (新字旧仮名) / 神西清(著)
何故が不用に帰したかをしむばかりであるが、元来この語の成立ちには一つの約束があり、一方にはまた餅の製し方に、かなり著しい古今の変遷があったのである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
私は謝罪まる、私は謝罪まる。……そうは云っても面白いの。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
無々とばかり云ひをつて今にまるか辛目見せて呉んと云ながら一升波々と一ぱい酒代幾干でも勘定するぞよく見てをれと冷酒より一にのみといひつゝ又々呑口
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
今年——大正七年に彼女は四十四歳になるが、この上の平和と幸福とは重なろうとも、彼女の身辺に冷たい風のろうはずはない。私が彼女は幸福だといっても、まった事ではなかろうと思う。
竹本綾之助 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
らにめる丈である。国と国とも同じで、単に勝つ見込があるからと云つて、りに干戈を動かされては近所が迷惑する丈である。文明を破壊する以外に何の効果もない。
点頭録 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
海蛇丸には子ープルスにていと奇怪しき擧動をなし、其時弦月丸よりは數分して、かくも迅速なる速力てるにもらず、ふてるとは、
代助の言葉には、普通の愛人の用いる様な甘い文彩を含んでいなかった。彼の調子はその言葉と共に簡単で素朴であった。寧ろ厳粛の域にっていた。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
うぐひすや障子にうつる水の
自選 荷風百句 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
うことしく主従の礼儀師弟の差別を厳格にして言葉づかいの端々に至るまでやかましく云い方を規定したまたまそれにることがあれば平身低頭してまっても容易にさず執拗にその無礼を
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
世人は皆小野蘭山の『本草綱目啓蒙』の僻説にまられて麦門冬に二種ありとし
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
「ウムウム。しかし彼奴はコンナ無茶な事を決してせぬ奴じゃったが……それに物を一つも盗っておらんところが怪訝しいでナ」
S岬西洋婦人絞殺事件 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
……のみならずその昨夜というのは陰暦二十九日の暗夜で、月なんぞは出なかった筈なのに、白昼のような満月が光っていたというのが怪訝しい。
S岬西洋婦人絞殺事件 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
奥から子供をしている女中の声が洩れて来た。夫人が誰かと話している声も聞えた。客は女らしい、やかな笑い声もするようである。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
しばらく女中と二人で、子供をあっちへ取りこっちへ取りして、していた。子供は乳色の顔をして、よく肥っていた。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
は意識のない後ずさりを見せ、なにかを守るような姿勢で両の手を交叉に、じぶんの胸を抱きすくめた。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
じゃあ今度は一つ、せめて、その眼の光彩だけでも語ってみるがいい。
奇異しく、怖しく思ふ程に、内野にありける十歳許なる死人を、此れ川原に持行ててよと責めければ、男終日長谷より歩みじて、力なく堪へ難くて、我れ長谷に三年月参りして
放免考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
舒明天皇が讃岐安益郡に行幸あった時、軍王の作った長歌の反歌である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
自分が手籠めになろうとしたのを、折よく来かかってけてくれた、旅客に顔を見られたが、直ぐにとこうの口も利かず、鬼にられた使の白鳩、さすがに翼をめたらしゅう、肩のあたり
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
背後の方から、顔をいてしたり、手を出しておいでおいでをする婦人などがあった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
その両方の酔いがもう大分まわったらしく、バイエルタールはだんだんしくなってきた。半白の髪の様子ではもう五十にちかいだろう。ただ剛気そうな目が、りとした快酔中にもぎらついている。
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
筆者は松月尼というだけで、どういう人物か知られていないが、説話の文様からおすと、この事件に関係のあった一人だということがわかる。
うすゆき抄 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
おのずからなる石の文理の尉姥鶴亀なんどのように見ゆるよしにて名高き高砂石といえるは、荒川のここの村に添いて流るるあたりの岸にありと聞きたれば
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
この外種々色々の絢爛なる中に立交らひては、宮のに暁の星の光を保つに過ぎざれども、彼の色の白さは如何なる染色をも奪ひて、彼の整へるは如何なるき織物よりも文章ありて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
舜瞽瞍を見てそのめるあり、孔子曰く、この時に於てや、天下うかりしかな、岌岌乎たりきと。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
深い眼睫の奥から、ヴィーナスはけるばかりに見詰められている。やかなる石膏の暖まるほど、乳首の、呼吸につれて、かすかに動くかとしまるるほど、女はらしている。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
七年の毎日歌壇の投稿も最後となりてふかく詠む
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
二氣の正しきに乘り、五行のへ、しき理をけてめ、れたるを敷きて國を弘めたまひき。
色ある唐松下蔭を成して、秋高き清遠の空はその後にき、四脚の雪見燈籠を小楯に裾の寒咲躑躅に隠れて、近きに二羽の𩛰るなど、ろ画にこそ写さまほしきを
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
それを急に取るや否や彼は「おれの綾成す事のできないのは子供ばかりじゃないよ」と云った。自分は黙って彼の顔を打ち守った。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
にこれをつりしは、省の官長にて、今はこの糸、あなあはれ、天方伯の手中に在り。余が大臣の一行と倶にベルリンに帰りしは、も是れ新年のなりき。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
余計に私なんざくって、(ちゃんお遊びな)が言えないから、合図の石をかちかち叩いては、その家の前を通ったもんでした。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
この門は色としては、古い心持を起す以外に、特別なをいっこう具えていなかった。木も瓦も土もほぼ一色に映る中に、風鈴だけが器用に緑を吹いていただけである。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
家慈輿中ヨリコレヲツテ欷歔ス。小弟ニアリ呱呱乳ヲム。余モマタ家慈ニ向ツテ阿爺ユルコトノ日ニアルヤヲ問フ。シカモソノ幽囚ニアルヲ知ラザル也。至レバチ老屋一宇。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
僕は君には大に陳謝まらなければならないが、しかし何しろ僕としてはこうせざるを得なかったのだ。