“溶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
71.0%
とろ14.0%
とか10.9%
とい1.0%
とろか1.0%
とけ1.0%
こぼ0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
歌って歌って参るのじゃ、さてお天道さまが、おかくれなされる、からだはつかれてとろりとなる、油のごとく、けるごとくじゃ。
二十六夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
夫人の温い薫るやうな呼吸が、信一郎のほてつた頬を、柔かに撫でるごとに、信一郎は身体中が、けてしまひさうな魅力を感じた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
彼は、その光りのなかを、割るやうに、彼女は、その光りのなかにされるやうに、二人は、赤いクッシヨンに並んで、腰をおろした。
幸福への道 (旧字旧仮名) / 素木しづ(著)
水でて今の牛乳へ入れてよく煉ると葛煉のようになります。コルンスタッチの方は葛よりも長く煮ないとかえりません。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
直行は又その辛し、恨し、悲しとやうの情に堪へざらんとする満枝が顔をば、金壺眼の一角をしつつ眺入るにぞありける。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
からきおろしてた。卯平少時躊躇してれたせた。くしてたく自分不愉快れるのをつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
と、少しく失望して来る私の心は、容易く「えゝつ!」といつたやうな気分を誘ひ出して、折角気をつけて白いのに替へたテーブルクロスに、と汁でもしてやりたいやうな気になる。
脱殻 (新字旧仮名) / 水野仙子(著)
食後に半蔵らは茶屋の前にある翁塚のあたりを歩き回った。踏みしめる草鞋の先は雪けの道に燃えて、歩き回れば歩き回るほど新しいよろこびがわいた。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)