二十六夜にじゅうろくや
* 旧暦の六月二十四日の晩でした。 北上川の水は黒の寒天よりももっとなめらかにすべり獅子鼻は微かな星のあかりの底にまっくろに突き出ていました。 獅子鼻の上の松林は、もちろんもちろん、まっ黒でしたがそれでも林の中に入って行きますと、その脚の長 …
作品に特徴的な語句
しゃう とう 微笑みしょう じき うわ しょう あきらか うやうや きょう 心掛こころが 歓喜かんぎ こうべ やわらか なな むくい こうむ ゆわ 沼田しょうでん おわ すま とら はば せい 暫時しばし がわ あるい かく つの ろう もっとも 疲労ひろう 黄金きん うか つか 此方こなた ごう ひび おもむろ あお ひそ にわ 捨身しゃしん ゆか とな きずつ ため 充満じゅうまん 闘諍とうそう 年老としよ 睡眠すいみん すなわ ねじ さら あま さから および しば 可哀かあい 螺蛤らこう あま 草刈くさか もん たず おしえ 見附みつ ころも 小禽しょうきん つか 発願ほつがん 由旬ゆじゅん つぶ むらさき ひも 穂吉ほきち くだ なが さかずき まぶ 百舌もず
題名が同じ作品
二十六夜 (新字旧仮名)宮沢賢治 (著)