二十六夜にじゅうろくや
※ 旧暦の六月二十四日の晩でした。 北上川の水は黒の寒天よりももっとなめらかにすべり獅子鼻は微かな星のあかりの底にまっくろに突き出てゐました。 獅子鼻の上の松林は、もちろんもちろん、まっ黒でしたがそれでも林の中に入って行きますと、その脚の長 …
作品に特徴的な語句
しゃう たう 和尚をしゃう うは かうむ じき 清浄しゃうじゃう かうべ やはらか ねぢ あきらか なんぢ ゆは うやうや をは 上人しゃうにん みづか には さいはひ ほほ ふくろふ こふ らう むくい 沼田せうでん かく あるい はば 聴聞ちゃうもん 暫時しばし 桔梗ききゃう もっとも 小禽せうきん 宿業しゅくごふ 妄言まうげん つの たづ 発願ほつぐわん すま ごふ 唯々ただただ つひ 汝等なんぢら 闘諍とうさう 甲斐かひ せい すなは にはか 浮華ふくわ もん 黄金きん つか 一途いちづ つか 三匝さんさふ ため 罪業ざいごふ まぶ 瓔珞やうらく 餌食ゑじき 願成ぐわんじゃう しば 今宵こよひ 悪業あくごふ いは さかづき おもむろ 柔輭にうなん かうむ 年老としよ 梟鵄けうし 喧嘩けんくわ 法力ほふりき および まゐ ひき 此方こなた 浄明じゃうみゃう こずゑ 妄執まうしふ 屑焼くづや きずつ うか さから 梟身けうしん
題名が同じ作品
二十六夜 (新字新仮名)宮沢賢治 (著)