“餌食”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えじき83.1%
ゑじき12.7%
ヱジキ3.4%
えさ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「疑いぶかいなあ。いないっていってるのに。——ぼやぼやしてると、虎か大蛇餌食にされちまうぜ。はやくお帰りよ、おじさん」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
になると方々つて、松茸大豆等農作物をあらしたり、ひ、野鼠などもへて餌食にします。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
おれの妻の生んだ粟津子は、罪びとの子として、何處かへ連れて行かれた。野山のけだものゝ餌食に、くれたのだらう。可愛さうな妻よ。哀なむすこよ。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
たとえば大きな、蒼白い人間の顔を持った大蜘蛛が、その背後の大暖炉の中からタッタ今、私を餌食にすべく、モーニングコートを着てい出して来たような感じに変ってしまったのであった。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)