“餌付”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えづ66.7%
ゑづ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船宿「千本」の店の前では、おきぬという女が繩舟の餌付けをしながら、たまには遊びに来い、と呼びかけた。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
船宿「千本」の店の前では、おきぬという女が縄舟餌付けをしながら、たまには遊びに来い、と呼びかけた。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
「もうこんなに大きくなつたんだから、餌付けさへうまくやつたら、きつと育つだらうて」
山雀 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)