“實”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
じつ44.4%
26.5%
8.5%
まこと7.9%
3.7%
みの3.2%
ほん1.6%
ぢゃう0.5%
げに0.5%
しか0.5%
じつは0.5%
なつ0.5%
まめ0.5%
みのり0.5%
レアヽル0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も、負けてもはおごつてく方がかつたがどういふのかこの師弟勝負はとかくだれちで、仕舞ひには憂鬱になつて
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
跡にて口善惡なき女房共は、少將殿こそ深山木の中の楊梅、足助殿こそ枯野小松、何れ花もも有る武士よなどと言い合へりける。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
るも二君に仕へぬ我魂魄武士の本意と思へどもにあぢきなき浮世かなと一人涙を流したるりの心の中思ひれてれなり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
彼は生命の新たなるころの力すぐれたれば、そのすべての良き傾向は、げにめざましきとなるをえたりしものを 一一五—一一七
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
向ふの側にも柿の樹があツて、其には先ツぽの黄色になつた柿が枝もたわゝにツてゐた。柿の葉はいで、チラ/\と日光が動く。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
布子一枚で其の冷たい風に慄へもしない文吾は、つた稻がお辭儀してゐる田圃の間を、白い煙の立ちる隣り村へと行くのである。
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
に馬鹿々々しいとつては夫れほどの事を今日が日まで默つて居るといふ事が有ります物か、餘り御前が温順し過るから我儘がつのられたのであろ、聞いた計でも腹が立つ
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
これ、おにゃったがならば、や。さうでなくばや。たった一言二言此身生死るのぢや。
汝に對してわれ大いなる好意を持てり、これより固くはまだ見ぬ者と結べる人なし、かかれば今は此等のも我に短しと見ゆるなるべし 一六—一八
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
大くて居ました又大岡殿梅が死體の證據は何じや憑司之はとした證據はじませぬと云ふにぞ越前守殿早我は娘の事目的ありやと仰さるれはお早ハイ現在の一人娘何見違へませう姿着類と云ひ聊か相違御座りませんと云へば大岡殿コリヤ早其方が娘のはないかお早一向に御座りませぬと答るに實固さうかと期を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
後者は「光譽壽阿彌陀佛、十一代目五郎作、江間利右衞門男、文政五年壬午十月於日輪寺出家」と記してある。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
ると、して無花果芭蕉つてふ、若し起上つてらなければならぬなら飢餓だかも知れないが
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
往還りにし蹈めば、薄衣まとへどぬくゝ、粟も稗も餓ゑばうまけむ、あきつなす數なきものに、自らも思ひてあれば、世をうけく思はずあらめと、人の身を吾はいたみぬ、見るたびことに。
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
歌はざりしか、なき冬の日にもは照りしかど。
白鳥 (旧字旧仮名) / ステファヌ・マラルメ(著)
世界はひとりなるのみならず、またのみち/\たるあり。逍遙子は沒理性界(意志界)を見て理性界を見ず。意識界を見て無意識界を見ず。意識生じて主觀と客觀と纔に分かるゝ所以をおもはず。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)