“事實”のいろいろな読み方と例文
新字:事実
読み方割合
じじつ65.6%
じゝつ9.4%
じゞつ9.4%
こと3.1%
ことがら3.1%
まこと3.1%
まつたく3.1%
ファクト3.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
記録まなければらない。——のあたりで、白刃往來するをたは事實である。……けれども、宵闇さであつた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
事實此世かもれないが、にはあり/\とえる、菅笠つた老爺のボズさんが細雨る。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
んだナ!』と王樣陪審官みながらばれました、陪審官えず事實備忘録つてゐました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
私は、彼女が大層暖かな晴れた午後などに下りて來て、テムプル先生に附き添はれてお庭に出るやうな事が、一二度あつたといふ事實からして、この考へを確信してゐた。
砂利に摺付らく泣伏居たりける越前守殿には何か深き仔細ありと見て取られ押返して如何に久八其方事御所刑の儀は願はずともるゝ事に非ずながら公儀に於ては事實分明ならざる上は假にも御所刑には爲給はず其方唯今申たるには千太郎を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
交換へたとは事實か? ならば何故までも交換へなんだぞ? あのがあればこそ、きあうた引離し、朝彦歌聲で、可愛しいお追立てをる。
イヤ事實だよ。それも君、全然彼女は平氣なんだから驚くぢやないか。幾ら士族の家だつたからつて、ああまで專制政治を振り𢌞されちや叶はん。
一家 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
事實に對するまったく新しい、意想外な、そして何よりもまず、まるっきり夢想も及ばぬような見方でもって、現在に立ち返って來たことである。