“公儀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうぎ64.3%
おかみ21.4%
かみ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
流しらず公儀の御調べに相成し事冥加至極有難く存じ奉つる然らば現在の申上候はんが私し儀何等の意趣も之なき惣内夫婦を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
殺したなどとは無法云掛然樣の覺えは更になし實に汝ぢは見下果たる奴なり公儀の前をもらず有事無事饒舌り立がことを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
二三兩の金をも貸ず只今に至り證據もなき事を公儀へ申立候不屆者めと白眼れしかば彌吉夫婦は戰慄出し恐れ入て居たりける
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)