“かみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カミ
語句割合
32.4%
14.7%
11.4%
内儀11.3%
5.8%
頭髪5.6%
2.6%
2.1%
主婦1.6%
上流1.5%
1.0%
0.7%
0.7%
0.6%
髪毛0.6%
0.6%
女房0.6%
女将0.6%
0.4%
頭髮0.4%
紙片0.3%
白紙0.2%
香美0.2%
黒髪0.2%
女將0.2%
佳味0.2%
0.2%
政府0.2%
0.1%
公儀0.1%
加美0.1%
0.1%
原稿紙0.1%
0.1%
川上0.1%
毛髮0.1%
細君0.1%
結髪0.1%
公邊0.1%
懐紙0.1%
束髪0.1%
0.1%
運命0.1%
上京0.1%
上帝0.1%
上席0.1%
上方0.1%
以前0.1%
内室0.1%
加味0.1%
原稿用紙0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
女神0.1%
0.1%
幕府0.1%
往昔0.1%
捲毛0.1%
昔日0.1%
0.1%
毛髪0.1%
河上0.1%
洋紙0.1%
白髮0.1%
神人0.1%
細紙0.1%
0.1%
長髪0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
甚吉は人違いであるということを世間へ吹聴すれば、それが自然にの耳にもはいると思って、偽幽霊の狂言をかいたらしいのです。
真鬼偽鬼 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
さま、どうぞ、をおけくださいまし。」と、は、えるかわりに、い、御堂かってわせてんだのです。
酒屋のワン公 (新字新仮名) / 小川未明(著)
は、このをきくと、なんとなくじゅうが、ぞっとしました。姿ると、ばずに、ろにれていました。
山へ帰りゆく父 (新字新仮名) / 小川未明(著)
それから數日間主人姿せなかつた。内儀さんは傭人惡戯いてになつてこちらから仕事吩咐けてやつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
念佛つたるくいた。地上うた滅切えててられた天棚粧飾明瞭としてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「実は一つ聴いていただきたいことがあるのでして……」横瀬は、例のモジャモジャ頭髪に五本の指を突込むと、ゴシゴシといた。
夜泣き鉄骨 (新字新仮名) / 海野十三(著)
女同士はわあとして各自對手いたりいたりしてれつゝいだ。突然一人がおつぎのへひよつとけた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「その通りだよ、親分、自分の本当の娘でないから、閑斎の海坊主、お澪を大旗本の何とかのに差出すことを承知したんだ」
でぶ/\に肥つた四十あまりの主婦さんと、その妹だといふの様な眼をした中年の女とが、代る/″\店に出て始終客を呼んで居た。
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
大川も吾妻橋の上流は、春の夜なぞは実によろしい。しかし花があり月があっても、夜景を称する遊船などは無いではないが余り多くない。
夜の隅田川 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
右馬菟原薄男はとある町うらの人の住まない廃家の、はや虫のすだいている冷たいのうしろにまって、れて坐っていた。
荻吹く歌 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
次に六角右兵衛義郷も、一時危いところであった。それはどう云う訳かと云うと、義郷の家臣に、近江の国信楽の住人多羅尾道賀と云う者がある。
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「陛下には、なおそのの盟をお忘れありませんか。不肖も、関羽の仇を報ぜぬうちは、いかなる富貴も栄爵も少しも心の楽しみとはなりません」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あのお方が俺達を贔屓にしている、——と云うことが知れているので、俺ら相当悪事をしても、おでは目こぼし手加減をしてくれる」
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「頭を出すな」そうどなりながら、石の上へ向うから幸太がとび上って来た、「……髪毛へ火がつく、ひっこんでろ」
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
言うて」と伯母は口開いてカラ/\と打ち笑ひ「がお前のおさんを忘れていものかの」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
二人はそれから田圃の中にある百姓家を訪れた。百姓家では薄汚い女房さんが、裸足のまゝ井戸側釣瓶から口移しにがぶがぶ水を飲んでゐた。
「おい、お女将丁稚も、今日は御用なしだ。呼ばねえうちは、お愛相なんぞを振りきに来るなよ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今日は日比谷の散歩やら、芝居の立見やら、滿らなく日を暮して、おに床屋へ入込んで今まで油を賣つてゐたのであるが、氣がついて見ると、腹はもうつくやうにつてゐる。
絶望 (旧字旧仮名) / 徳田秋声(著)
日出雄少年鐵工となるより、立派海軍士官となる仕度をせねばならんよ。』と武村兵曹なる少年房々した頭髮でやりつゝ、
が、手に持って居るのは、電報の紙片ではなく、赤い電話郵便の紙片であった。彼は少し安心した。彼の友人の荒井は、何かと云うと直ぐ電話郵便を利用する男であった。
大島が出来る話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
水野越前勤倹御趣意のときも、鼈甲をさしていて、外出するときは白紙を巻いて平気で歩いたが、連合卯兵衛が代っておめをうけたのだ。
紙を用いたものとしては香美郡の山田町の雨傘が久しく名を成しました。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
武男は涙をふりはらいつつ、浪子の黒髪をかいなで「ああもうこんな話はよそうじゃないか。早く養生して、よくなッて、ねエ浪さん、二人で長生きして、金婚式をしようじゃないか」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
どうせうかと今一度躊躇する。終に思ひ切つてフッと吹き消す。危なげな段梯子を勢ひよく降りる。「又お出掛け?」と下宿の女將さんが言ふのを聞き流してついと出る。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
また人工なるも、造化にはくべからず、自然佳味らじ、されば、鳥籠し、してふとも、いかで鳥類ふべき。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さきに文角ぬしが物語に、聴水といふ狐は、かつてわが父月丸ぬしのために、尾の尖切られてなしと聞きぬ。今彼の狐を見るに、尾の尖断離れたり。恐らくは聴水ならん。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
松五郎殿が其のんでくような次第と云わざるべからざる義だから、恐入り奉る訳ではない、なれど白刃って政府お役人の集会を蒙むるような事に於ては愍然たる処の訳じゃア無いか
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「おやらッしゃいまし。どうも飛んだ事で御座いましたねえ」とさん未だに以て、ガッカリしていた。
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
公儀が、御存じじゃ。十九歳から四十年間の御奉公振りは、堂上衆も、知って居られる。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
陸前加美郡鳴瀬村大字下新田字下下下田
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
丁度うっとりと眠ってでも居るかと思われるほど長い黒い「まつ毛」がジイッとして、うすい原稿紙を持って居る細やかな指もぴりっともしない。
千世子(二) (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
戻って柳橋の袂を往復りして、淡紅色洋脂が錆にた鉄欄の間から、今宵は神田川へ繋り船のさんが、桶をへ載せて米を磨いで居る背中に、四歳ばかりの小児が負われながら仰反って居るのを
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
川下の者は、隣家の川上の者の所へ妻をやって
えぞおばけ列伝 (新字新仮名) / 作者不詳(著)
かばにもとゞくべき毛髮を、あがりにくつめて前髮きくおもたげの、赭熊といふろしけれど、此髷此頃流行とて良家令孃ばさるゝぞかし、色白鼻筋とほりて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
あの先生さへ優しくして呉れたら、何も私は東京などへ行きもしないのに、と考へても見たが、又、今の身分ぢや兎ても先生のお細君さんなどに成れぬから、矢張三年行つて来るが第一だとも考へる。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
糸の先につり針がついて、そいつがどこからか伸びて来て、右近の結髪に掛り、グウッと上へ持ち上げようとしている……まさに何者かが、喧嘩師茨右近先生を釣り上げようという魂胆
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
み出し候は渠等兩人も主人の惡意しけれるにや兄弟をみ出しうへへ出る存念と心付南無三寶是はりたることをなし公邊へ御苦勞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
大岡殿粂之進白眼れ其方只今公邊祿頂戴し御役をめ人の理非をもす身の上と云ながらの火付盜賊は是なる伊兵衞を差置なき喜八を吟味もなく
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
きっと向いて、境を見た瓜核顔は、ぶちがふっくりと、鼻筋通って、色の白さはいよう。——気のもった優しいの両方を、懐紙でひたと隠して、大きなでじっと
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
着たは雪の下なる薄もみじで、の雪が、かえって薄もみじを包んだかと思う、深く脱いだ襟脚を、すらりと引いてき合わすと、ぼっとりとして膝近だった懐紙を取って、くるくると丸げて
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
女は雲のような束髪をしている。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
束髪は袖に緩く乱れた。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
また伊迦賀色許男の命に仰せて、天の八十平瓮を作り、天つ神の社を定めまつりたまひき。
、また山の神海河の神たちまでに悉に幣帛奉り、我が御魂を御船の上にませて、眞木の灰をに納れ、また箸と葉盤一〇とをに作りて、皆皆大海に散らし浮けて、りますべし
運命」の外には「我」もなし。
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
運命のそなへしなるを。
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
まだまだあんたはん、たんと持っていましたのどすけど、上京から祇園町へ来るようになった時、みんな売ってしまいましたのどす。
黒髪 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
われは罪なき父の霊の、ふかき上帝御側に救い取られしを信じて疑わず、後世安楽を信じて惑わず、更にって我一身のため、わが一家のため、奮って世と戦わんとするものなり。
父の墓 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そっと席上を見廻すに、その人々はいつの間にか来て遙の上席に傲然とかまえて居るので、貞之進はいよ/\心細く、こうなってからの助けは、途中で買足して来た紙巻烟草の煙ばかりだ。
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
娘のころ、大阪の住友家に奉公に出ていた母はよく『男の子は上方へ奉公にやらな出世しやへん』と口ぐせのようにいっていた。
されど源叔父が家一軒ただこの磯に立ちしその以前の寂しさを想いたまえ。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
清「えゝ、お内室さんあんたはまアどうして此様にお成りなさいました、十四年お宅で御厄介になりやした家根屋の清次でございやす」
ト僕ガ言つてはヤツパリ広目屋臭い、悪言するこれは前駆さ、齷齪するばかりが平民の能でもないから、今一段の風流加味したまへ風流とは墨斗短冊瓢箪にあらず(十五日)
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
何のことはないまるで子供の使いで、社内でも、おい子供、原稿用紙だ、給仕、鉛筆削れと、はっきり給仕扱いでまるで目の廻わるほどこき扱われた。
(新字新仮名) / 織田作之助(著)
その、神功皇后韓国をことむけたまひ、新羅の王が献りし貢の宝を積みのせたる八十艘のを連ねてこの海に浮べるを憶ひおこし、はしなくも離れ小島の秋かぜに荻の花の吹きちるをむる身は
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
最前よりあひ見るに、世にも鋭き御身が牙尖如きが及ぶ処ならず。もし彼の鳥猫に取られずして、なほも御身と争ひなば、わが身は遂に噬斃されて、雉子は御身がとなりてん。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
たりと見れば数疋猛犬いちどに飛かゝりてつく。犬は人を力とし、人は犬を力としてもあり。此術は木にこもりたるにもする事也。
あゝ、女神さま! 私の悲しみと熱狂とを憐んで下さいまし。
仕事の隙間に駈けてきたような百姓や、木挽や、赤子の手を引ッぱったさんや、頭へ荷を乗せている物売りや旅人。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
浪人の跋扈はそれ以前から、幕府にとっては頭痛の種でな、ご府内では兵学者だの剣道指南だの、軍書読みだのと看板をあげ、上は士大夫に取り入ったり、下は町人に食い込んで
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その往昔のこのおという女の童も、うつそみの世にはいのちを阻まれる節があり末の世を頼みに、そのいのちをせめて非情の草木に向けて生い移した不幸な女性群の一人ではなかったのでしょうか。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
女たちは色よき衣をつけ、幾重にも編みたる長き捲毛を持てり。
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
楽毅之伝を読むに——趙王が兵を起して燕国を討とうとしたとき、楽毅は地に拝伏し、その昔日、臣は燕王に仕えり、燕を去るも燕王を思うこと、なお今日
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここに大長谷の王、その童男にましけるが、すなはちこの事を聞かして、み怒りまして、その黒日子のもとに到りて、「人ありて天皇を取りまつれり。いかにかもせむ」
解かば足にもとどくべき毛髪を、根あがりに堅くつめて前髪大きくおもたげの、赭熊といふ名は恐ろしけれど、此髷をこの頃の流行とて良家令嬢も遊ばさるるぞかし、色白に鼻筋とほりて
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
河上の方から出てきた船は、下流の方まで流してゆく。下流の方から出てきた船は竹屋を越えて綾瀬の方まで涼風におしおくられてゆく。そして夕暗といっしょに両方がまたぎよせてくる。
旧聞日本橋:17 牢屋の原 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
篠田が書斎の奥よりは、洋紙しるペンの音、深夜の寂寞を破りてれ来ぬ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
針金のやうなをちらりとつた落葉ひら/\がつた。落葉ぐにつてつかにれて與吉頭髮から卯平白髮つた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
今、汝の人とりをみるに、身体長大容貌端正、力能くぐ、猛きこと雷電の如く、向ふ所かたきなく、攻むる所必ず勝つ。即ち知る、形は則ち我が子にて、実は即ち神人なり。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
クルクルと細紙を捲きつけてくる。
(旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
彼の女房といへば、それでなくてさへ恐ろしい腕力を振つて、たつぷりあつた彼の長髪を引きむしつてほんの僅かにしてしまつた女なのだ。
箒を堂の縁下に差置き、御手洗にて水をい、掻撫で、清き半巾にし、階段の下に、少時ぬかずき拝む。静寂。きりきりきり、はたり。何処ともなく機織の音聞こゆ。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)