荻吹く歌おぎふくうた
あしからじとてこそ人の別れけめ 何かなにはの浦はすみうき大和物語 寝についてもいうことは何時もただ一つ、京にのぼり宮仕して一身を立てなおすことであった。練色の綾の袿を取り出しては撫でさすり畳み返し、そしてまたのべて見たりして、そのさきの宮仕 …
作品に特徴的な語句
かみ しも うも かさね しゅ しん かたじけの かな こうこう まな こう 一揖いっしゅう 下種げしゅ おお こご おのれ 御手おて しっか まご おとな いな はし 黄金おうごん しろ 使つかい けん いと 命令いいつけ 声音こえ 宮仕みやづかえ しば 畳紙たとうがみ 眼差まなざ 翌日あくるひ 莢豆えんどう すすき たきぎ 誓文ちかいぶみ 躊躇ためら つり みや うなじ 一位いちい 一棟ひとむね 一瞥いちべつ 下賤げせん ひさ わた また 今昔こんじゃく 仕草しぐさ 何処どこ 何時いつ そば 先刻さっき 兵衛ひょうえ 前簾まえすだれ つよ かく 右馬うま ただ あきな ささや ほか ごと うれ あな 小路こうじ 川尻かわじり 干鰕えび ことごと 悪寒おかん うれ 愛宕あたご あわ おご ねんご 打紐うちひも もた 斯様かよう しばら