“兵衛”のいろいろな読み方と例文
旧字:兵衞
読み方割合
ひょうえ58.3%
べえ37.5%
べゑ4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
甚太夫主従は宿を変えて、さらに兵衛をつけ狙った。が、その四五日すると、甚太夫は突然真夜中から、烈しい吐瀉を催し出した。
或敵打の話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
なわももない金の草鞋に太鼓判でしよ、慶徳院さまの御治世に臼鉢兵衛という速足がいたそうでし、間坂山が崩れて七郷の田が流れたとき
評釈勘忍記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
私も写真の中にうつってゐます。第二が『わなに注意せよ。』これは私共のこん兵衛が野原でわなにかかったのをいたのです。絵です。写真ではありません。
雪渡り (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)