“兵衛尉”の読み方と例文
読み方割合
ひょうえのじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ九条兼実の日記「玉葉」に出てくる近江の山下兵衛尉義経と称する者が、あるいは、それではないかという臆説も前からある。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
右近衛府溝川のあたりにうずめるということに代えて、西の渡殿の下から流れて出る園の川のにうずめてあったのを、惟光宰相の子の兵衛尉が掘って持って来たのである。
源氏物語:32 梅が枝 (新字新仮名) / 紫式部(著)
義仲が越後を嫌ったので代りに伊予を賜り、十郎蔵人が備後はいやだと断わったので備前が与えられた。その他源氏のもの十余人が受領、検非違使、靱負尉兵衛尉などに任ぜられた。