“右兵衛尉”の読み方と例文
読み方割合
うひょうえのじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
名は佐藤義清、憲清とも則清とも書き、法名は円位ともいった。徳大寺家の家人で、俵藤太秀郷の子孫だというが、家柄はあまり高くなく、右兵衛尉に任じた。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
そのころ、左京太夫致忠の四男に、藤原の保輔という横ざまな男があった。にあたる右兵衛尉斉明という若者を語らって、徒党をあつめ、盗賊の首領となった。
紫大納言 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
氏郷は白河をば関右兵衛尉、須賀川をば田丸中務少輔阿子をば蒲生源左衛門、大槻を蒲生忠右衛門、猪苗代を蒲生四郎兵衛、南山を小倉孫作、伊南を蒲生左文、塩川を蒲生喜内
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)