“右兵衛佐”の読み方と例文
旧字:右兵衞佐
読み方割合
うひょうえのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれど、右兵衛佐頼朝のすがたは、ついに、朝までも見出すことができなかった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
右兵衛佐殿(斯波義敏)の御曹子で、そののち長禄の三年に、義政公の御輔導役伊勢殿(貞親)の、奥方の縁故にかされての邪曲なお計らいがで父君が廃黜き目にお遇いなされた折り
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
郎党では金王丸鎌田兵衛正清平賀義信などであったが、このうちにいたはずの義朝の三男で、ことし十三歳になる右兵衛佐頼朝のすがたが、いつのまにか見失われてしまったのであった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)