雪の宿りゆきのやどり
文明元年の二月なかばである。朝がたからちらつきだした粉雪は、いつの間にか水気の多い牡丹雪に変って、午をまわる頃には奈良の町を、ふかぶかとうずめつくした。興福寺の七堂伽藍も、東大寺の仏殿楼塔も、早くからものの音をひそめて、しんしんと眠り入って …
作品に特徴的な語句
たてまつ こわ てかけ あか しも かつ つかさど かたわ おの おそろ ひそ 大刀たち あん かしま 小川こかわ つう ひつじ 退さが あわただ まこと あが とど 打棄うちす 山上やまのうえ つい おお たい なり 余燼もえさし おこ 落書らくしょ いにし ほしひ 口惜くちお さる せん あらた 寂然じゃくねん つくえ すさ いかり ぶん かか ひそ かたま 執行しゅぎょう いくさ 言伝ことづ 坂下さかもと なつ さか もと 蛇足じゃそく あわただ かつ 大書たいしょ まなこ たきぎ そその おと 相国てら すがた じょう 名残なご 疫病えやみ しつ まろ いにしえ 放下ほうか 落居らっきょ もん 厭々あきあき いと 築地ついじ うま おぼ じつ 道家みちいえ めぐ 京洛きょうらく 人伝ひとづ たぐ ひそ かたき 青侍あおさぶらい 信頼のぶより ごう
題名が同じ作品
雪の宿り (新字旧仮名)神西清 (著)