雪の宿りゆきのやどり
文明元年の二月なかばである。朝がたからちらつきだした粉雪は、いつの間にか水気の多い牡丹雪に変つて、午をまはる頃には奈良の町を、ふかぶかとうづめつくした。興福寺の七堂伽藍も、東大寺の仏殿楼塔も、早くから …
作品に特徴的な語句
気魄きはく 美濃みの 囲炉裏いろり 伊勢いせ 身悶みもだ 合槌あいづち 韜晦とうかい 皆目かいもく 生木なまき 近衛このえ 僧形そうぎょう とら 息吹いぶ 屈托くったく 叡山えいざん 愛宕あたご 初陣ういじん 成仏じょうぶつ 討死うちじに 紅蓮ぐれん 硯箱すずりばこ 賜物たまもの 余燼もえさし 公方くぼう 榾火ほたび 無慚むざん 山内さんない 有縁うえん 棟木むなぎ 稚児ちご 湯呑ゆのみ 此度このたび 人伝ひとづ 経綸けいりん 新手あらて 矍鑠かくしゃく しとみ 羅刹らせつ 蛇足じゃそく 栄耀えよう 太閤たいこう 差当さしあた 蓮池はすいけ 下賤げせん 行末ゆくすえ 愈〻いよいよ 大伽藍だいがらん 軒先のきさき 一献いっこん 遺骸いがい 毘沙門びしゃもん 罵詈ばり 呉々くれぐれ つつが 奉行ぶぎょう 累代るいだい 雲霞うんか 総身そうみ 烏有うゆう 称名しょうみょう 公家くげ 富貴ふうき 陪臣ばいしん みぎり 内裏だいり 取敢とりあ 御台所みだいどころ 指金さしがね 御沙汰ごさた 累々るいるい たつみ 洛中らくちゅう 蹴破けやぶ 空手からて 泡沫うたかた 雑兵ぞうひょう 小川こかわ 名利みょうり 脳漿のうしょう 兼々かねがね いぬ 輪奐りんかん 取沙汰とりざた 一色いっしき 吾身わがみ 深草ふかくさ 立籠たてこも むしろ 上洛じょうらく 瓦礫がれき 人死ひとじに 孟子もうし 東山ひがしやま 咄々とつとつ 尊氏たかうじ
題名が同じ作品
雪の宿り (新字新仮名)神西清 (著)