“糒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほしい41.7%
ほしいい33.3%
ほしひ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
トウボシの実飜れ多きこと、及びこれをにすることも事実であるが、それが名称の起原だという説の信じにくい理由は
諸将僚もこれにいた。全軍の将卒に各二升のと一個の冰片とがたれ、遮二無二遮虜鄣に向かって走るべき旨がふくめられた。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
行掛けの駄賃にしたのだか初対面の手土産にしたのだか、常陸の行方河内郡の両郡の不動倉のなどといふ平常は官でも手をつけてはならぬ筈のものを掻浚つて
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)