“遮虜鄣”の読み方と例文
読み方割合
しゃりょしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
諸将僚もこれにいた。全軍の将卒に各二升のと一個の冰片とがたれ、遮二無二遮虜鄣に向かって走るべき旨がふくめられた。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
遮虜鄣を出るとき各人が百本ずつ携えた五十万本の矢がことごとく射尽くされたのである。矢ばかりではない。全軍の刀槍矛戟の類も半ばは折れ欠けてしまった。文字どおり刀折れ矢尽きたのである。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)