“河内”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かわち68.0%
かはち13.3%
ハノイ5.3%
かだい4.0%
かふち2.7%
こうち2.7%
かうち1.3%
かわうち1.3%
カハチ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の国主の貴婦人、簾中のようにえられたのが名にしおう中の河内山裾なる虎杖の里に、寂しく山家住居をしているのですから。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これはけぬ河内へ越さうとして、身も心も疲れ果て、最早一歩も進むことの出来なくなつた平八郎父子と瀬田、渡辺とである。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
学名をガルシニア・マンゴスタナと云ふ果樹に生ずる。私が、初めてマンゴスチーンを見たのは、河内の町、プラチックに近い果物店であつた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
滎陽の山地で、曹操の軍は、敵のため殲滅的な敗北をとげ、曹操はわずかな旗下に守られて河内へ落ちて行った——」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
河内」は、河かららされている土地をいう。既に人麿の歌に、「たぎつ河内船出するかも」(巻一・三九)がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
高知 これは従来の説では、河内すなわちデルタだそうである。坪井博士の説ではチャム語で島である。しかしアイヌだと「コッチ」「コーチ」宅地となる。
土佐の地名 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
大谷河内などいふ山村を、西岸に見たが、未だ人の町へは遠い、川水は肩で呼吸をするやうに、ゴホゴホと咳きあげて、大泊門急灘にかゝる、峡谷は一層に狭くなり、波の山が紫陽花のやうに
天竜川 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
湯は菖蒲の湯で、伝説にいう、源三位頼政の室菖蒲豆州長岡に生まれたので、頼政滅亡の後、かれは故郷に帰って河内村の禅長寺に身をよせていた。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
これで大和も、河内との境ぢやで、もう魂ごひのもすんだ。今時分は、郎女さまのからだは、の中で魂をとり返して、ぴち/\して居られようぞ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)