浮雲うきぐも
理性が万物の根拠でありそして万物が・理性あるならば 若し理性を棄て理性を憎むことが不幸の最大なものであるならば……。 ——シェストフ—— なるべく、夜更けに着く汽車を選びたいと、三日間の収容所を出ると …
作品に特徴的な語句
活々いきいき 烏賊いか 紫檀したん 裸足はだし 矢庭やには どんぶり 面長おもなが 羊歯しだ 気儘きまゝ たこ 凋落てうらく 供養くやう 飛白かすり かも 容赦ようしや もゝ 楚々そゝ 馴々なれなれ 波瀾はらん 伽話とぎばなし 板塀いたべい 反物たんもの 手蔓てづる わく 麦藁むぎわら さかひ 枇杷びは 友禅いうぜん 生娘きむすめ 冥土めいど とら 海苔のり 見栄みえ 尨大ばうだい くす 湯治たうぢ 素朴そぼく 頑張ぐわんば 窓硝子まどガラス 錯覚さくかく 煩瑣はんさ 烏合うがふ 笑靨ゑくぼ なし 南京ナンキン くは 小豆あづき 小舎ごや 硯箱すゞりばこ 齟齬そご 伽羅きやら 昏々こんこん 泥鰌どぢやう 硝子窓ガラスまど 廃頽はいたい 脳裡なうり 焼酎せうちう 眼差まなざ 干潟ひがた 悔悟くわいご 風貌ふうばう 碇泊ていはく 生一本きいつぽん 縊死いし 本望ほんまう 自嘲じてう 汁粉しるこ 森閑しんかん あがな 峨々がゝ 容喙ようかい 為替かはせ 瞑想めいさう 下痢げり 焦々いらいら 苛酷かこく 華々はなばな 蛇足だそく 声高こわだか 栄耀えいえう 弱音よわね 極楽ごくらく 野辺のべ びやう 蒼黒あをぐろ 黒檀こくたん 鰹節かつをぶし 気紛きまぐ いかり 蒼味あをみ 颱風たいふう 石塊いしころ 小禽ことり ぢく 化物ばけもの 御容子ごようす 頬張ほゝば
題名が同じ作品
浮雲 (新字新仮名)二葉亭四迷 (著)