浮雲うきぐも
理性が万物の根拠でありそして万物が・理性あるならば 若し理性を棄て理性を憎むことが不幸の最大なものであるならば……。 ——シェストフ—— なるべく、夜更けに着く汽車を選びたいと、三日間の収容所を出ると、わざと、敦賀の町で、一日ぶらぶらしてゐ …
作品に特徴的な語句
かう 市場マァケット うつろ 判然はつき たけだけ かん 面紗ベール づら しゆう 夜更ゆふ かう しあはせ いつは 甘美おいし 微笑ほほゑ すみ やはらか 轟々がうがう ごゑ 饒舌ぜうぜつ そその なんぢ 棒杭ぼうくひ 轟々ぐわうぐわう はふ さは 甘藷かんしよ 如何いかゞ おそろ 遭遇さうぐう しあは あら 弁当レイション 悠々いういう さはや あせ うつゝ 奔放ほんぱう 如何どう くは 始終しじゆう 湿潤しつじゆん 洒落しや まは 山峡やまかひ 見透みとほ はから つめた 彷徨はうくわう しやく 悄然せうぜん こく しやう じやう かな うる 抱擁はうよう おも 河内ハノイ 真紅まつか とひ ゆだ かは はら 脳裡なうり 檳榔びんらう 欝蒼うつさう 無性むしやう 耳朶みゝたぶ わづら 甘蔗かんしよ 悪戯いたづら 美味おいし 豊饒ほうぜう くゝ 嫉妬しつと 稜角りようかく こは 唐突たうとつ 目的あて ほゝ あはれ やまひ 安房あんぼう
題名が同じ作品
浮雲 (新字新仮名)二葉亭四迷 (著)