“焦点”のいろいろな読み方と例文
旧字:焦點
読み方(ふりがな)割合
しょうてん64.7%
せうてん5.9%
ピント5.9%
フォカス5.9%
フォーカス5.9%
フオカス5.9%
マト5.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“焦点”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もくもくの水の湧き上る渦の音を聞いて復一の孤独が一層批判の焦点しょうてんを絞り縮めて来た。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
と、にわかに、覇気はきを、盛りかえし、望むところの、焦点しょうてんをつかみ得たように、
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
富岡は次々に転じてゆく焦点せうてんが、一つとして燃焼する事もなく、このおほきな社会の歯車の外にこぼれ落ちてゆく、淡い火の粉のやうな自分を感じてゐた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
誤まつた焦点せうてんのなかに、心をかきみだされる事もない。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
焦点ピントが……焦点が……その焦点がはずれてるぞ! といわんばっかりに、未亡人の顳顬こめかみがピクピクするから、ひとまず問答もこれで打ち切らざるを得ぬ。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
おもひおもひの焦点フォカスをむすび
春と修羅 第二集 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
それは、死点デッドポイント焦点フォーカス如何いかん——つまり、音響学の単純な問題にすぎないのさ。たぶんクリヴォフ夫人の位置が、伸子がペダルで出した唸りに対して、死点デッドポイント
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
旗太郎のキューれ合って起った響には、あの微かなささやきさえも、聴き取れるという焦点フォーカスだったに相違ないのだ。そして、夫人が伸子の方に寄ったところを、背後から刺し貫いたのだ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
トランクの中味がわかるまで君を釣っとくためのヨタだった……と云ったら、尚の事、焦点フオカスがハッキリしやしないか。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
……ところでそのRの四号君が、ドレ位の腕前を持っているかということは、今云う通り経歴すじみちがヤヤコシイからサッパリ判然わかっていないんだが、とにかく一当り当って焦点フオカスを合わせてくれ
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
 人気の焦点マト
中村仲蔵 (新字新仮名) / 山中貞雄(著)